寄付から生まれたアスバシ体験

〜マイチャレンジインターンシップ報告会より〜
71名の高校生から、71通りの感動物語が生まれました。

マイチャレンジインターンシップ2012
◎参加者:71名
◎実施時期:2012年8月1日〜27日
◎参加事業所数:25事業所
◎業種:サービス、観光、福祉、IT、スポーツクラブ、法律事務所、県庁、市役所、動物病院、図書館等
◎参加高校:
(愛知県立)旭丘、熱田、惟信、一宮北、稲沢、稲沢東、大府東、岡崎北、蒲郡、刈谷北、幸田、天白、東海商業、東海南、常滑、南陽、西春、半田東、御津 (名古屋市立)菊里 (私立)安城学園、豊川、聖マリア女子

仕事というものを体験したい、そして、様々なことにチャレンジしたいという思いからインターンシップに参加しました。まず、電話応対のマナーを教えていただき、翌日実際に電話をかけたのですが、人生で一番緊張した電話となりました。2日目は工業高校の生徒や再就職をめざすお母さんたちが技術を学ぶ名古屋高等技術専門校に出張。3日目は愛知県にある労働組合の数を数える調査のお手伝いをしました。
3日間で学んだことは、集中力、チームワーク、そして楽しんで仕事をする大切さです。仕事でミスをすれば県民に迷惑がかかるので、いままで以上に集中力の大切さを学ぶことができました。そして、みんなが協力しながら仕事を進めている姿を見て、チームワークの大切さを感じました。また、仕事で成果を出すためには楽しんでやることが重要ということを改めて感じることができました。

私はあるテレビ番組で、百貨店ではお辞儀の角度、ご案内する時に指す指1本1本のしぐさまでがすべて統一されているのを見て、私もこのようにお客様を迎え入れたいと思いました。洋菓子売り場に配属されて最初に知ったことは、接客をする際の笑顔の大切さです。しかし、緊張して笑顔が出ず、無力さを痛感しました。そんな時1人のお客様に「高校生?がんばってね」と言われました。私はうれしくて、笑顔も「いらっしゃいませ」の掛け声も大きな声でできるようになりました。
社会に出ると自分のことは自分で責任を負わなければいけないプレッシャーや、失敗が許されない厳しさを目の当たりにして、いままでの自分の甘さを見つめ直すことができました。そして、厳しい中でも自分が一生懸命働くことでこの上ない達成感が得られるなど、たくさんのことに気付くことができました。

私の夢は福祉に携わることができる建築士になることです。高校は普通科ですが、福祉実践コースを選択しています。その中で、福祉に関する分野の広さを学び、特に建築や設計などに興味を持ちました。そうした関心が将来の仕事に結びつくのか、本当にできるのか、やりたい気持ちが強いのかなどを確認し、少しでも具体的に理解したいと思いました。初日の朝礼では「おはようございます」や「ありがとうございます」をお腹の底から声を出し、その迫力は人を元気にさせる力があるのだと感じました。私もたくさんありがとうと言い、ありがとうと言われる人になりたいと思いました。
2日目の展覧会準備では普段見ることができない裏方の仕事について学ぶことができました。ここで学んだこと、感じたことを将来に活かせるように、向上心と高い学習意欲を持って残りの高校生活を充実させたいと思います。

私はモノづくりに関心があり、ホームページや資料ではわからない雰囲気を自分の目で見て感じたいと思いました。1日目は半田の工場でコンピューター部品の製造現場を見学、その後リサイクル施設などがあるアイシンエコトピアを見学しました。2日目は障害者雇用について学んだ後、ベッドやトイレを製造している安城工場を見学しました。3日目は豊田市にある県有林に移動し、木の間伐活動に参加しました。
私は、アイシン精機は自動車部品ばかりを製造している会社だと思っていたのですが、シャワートイレや魅力的なマットレスを使ったベッドも製造していること、さらにお客様のために様々な工夫をしていることを学びました。環境に配慮された施設や障害者にとっても安心な企業作りなど、多くの発見と驚きがありました。この経験を後輩たちにも伝えていきたいです。

私はボランティアに興味があったので、市民のためにボランティア活動を支えている名古屋市市民活動推進センターを選びました。チラシの配刊、災害ボランティアコーディネーター養成講座の準備や参加、アンケート集計などを通して、私は働くことの大変さを感じました。また、災害ボランティアコーディネーター養成講座に参加し、日本人はボランティア精神が高く、実際に行動に移せばもっといい国になると思いました。
インターンシップはいまの自分を見つめ直し、これからを考える機会を与えてくれたと思っています。将来は誰かのために役立つことができ、人と多く関わることのできる仕事をしたいと思います。その夢に近づくために積極性が大事だということも、このインターンシップで教えていただきました。自分を変えるきっかけを得ることができたので、参加して良かったと思っています。

© 2012- 一般社団法人 アスバシ教育基金 All Rights Reserved.