アスバシのビジョン・活動

明日の社会を変えるために100万人の挑戦者を。
そのために、アスバシ式インターンシップへ25万人の高校生を。

10年間の目標を、今日からのアクションプランで実現します。

私たちのビジョンは、アスバシ体験が生まれるインターンシップ=アスバシ式インターンシップへの参加を通して、できるだけ多くの若者を社会的、職業的自立へと導いていくこと。そのために社会と若者をつなぐ強固な橋の構築が私たちの役割です。10年間でアスバシ式インターンシップへ25万人が参加し、彼らが周りの若者を触発し100万人の若き挑戦者を育てる!このビジョンを実現するために、資金の寄付を呼びかけるとともにそれに伴うアクションプランを実行していきます。

3都市を皮切りに寄付の募集を全国に呼びかけます。

2012年夏には71名の高校生が「アスバシ体験」としてインターンシップを行いました。次は2013年夏以降のプログラム実施のために、愛知・東京・大阪において寄付集めを実施します。
関連ページはこちら→

わたしたちの仲間、賛助会員を募集します。

アスバシ式インターンシップを継続的に提供し、より良いものにしていくために、アスバシ教育基金の賛助会員を募集します。会員のみが参加できる交流会や研修会へのご招待など、会員特典を用意。教育や社会に問題意識を持ち社会で活躍している会員相互の親交を深め、ご自身のビジネスや社会生活を豊かにすることができます。
関連ページはこちら→

2013年に公益社団法人化をめざします。

寄付者が、所得控除として寄附金控除の適用を受けるか、税額控除の適用を受けるか、いずれか有利な方を選択することができるように、一般社団法人アスバシ教育基金の公益社団法人化をめざした手続きを進めます。

就労支援の地域ごとの必要性が見える指標をつくり上げます。

地域のNPO法人などの活動に有益となる情報を提供するため、若者への就労支援の必要性が明確にわかる指標をつくり上げます。そして、都道府県ごとに問題の深刻さを数字で可視化し、若者への投資の必要性をわかりやすく示します。

地域NPO法人と連携するためのプラットホームを構築します。

就労支援に取り組む団体などが独自に持つプログラムやノウハウ、物資、共同事業などを全国でシェアできるプラットホームを構築します。具体的には、情報提供と教育プログラムの実施資金を集めるためのファンドレイジングサイトを立ち上げます。

IT業界に挑戦するためのプログラム普及事業を推進します。

若者が社会で仕事に就くまでの「あと一歩」を支援するプログラムとして、IT業界への就職を希望する若者のスキル向上のための短期集中型ITアカデミー「CTAC」を開講。世界が認めるIT資格「CompTIA+」の取得を目標に、IT業界が求めるスキルと意欲を持った人材育成を行います。
関連ページはこちら→

アスバシ基金への寄付付き講師派遣を行います。

教育、子育て、就活、インターンシップ、社員研修、人材育成などの問題に対して、アスバシに参画する各分野のプロフェッショナルが、講師として出向きます。いただく講師料の50〜100%がアスバシ教育基金への寄付となりなす。子育て・若者から社員研修まで人材育成について学習を深めながら、寄付ができる新しい仕組みです。
関連ページはこちら→

【サポート】
アクセンチュアwww.accenture.com
世界54ヵ国200都市以上に拠点を持つアクセンチュアのコーポレートシチズンシップ「若者の就業力強化チーム」がアスバシ教育基金をフルバックアップしています。

© 2012- 一般社団法人 アスバシ教育基金 All Rights Reserved.